活動日誌・お知らせ

京都市会始まりました

定例の京都市会予算議会は24日開かれています。会期は3月27日まで。写真は市議団の予算懇談会の様子です。

市長選挙の結果を受けて最初の議会となり、大事な来年度の予算を審議する議会です。

市長が掲げた選挙公約では、新年度予算に反映さない政策やムダ使いもあり、市長の姿勢が問われます。 続きを読む »

(更新日:2012年02月28日)

活動ニュース143号 アップしました・

http://nishimura-yoshimi.jp/wp-content/uploads/2012/02/3f406332262de9844e4be8155a468dae.pdf

(更新日:2012年02月21日)

京都市新年度予算が公表されました。ムダと環境破壊の市内高速道路3路線は事業見直しの方向

平成24年度京都市当初予算(案)が公表されました。市長選後初の京都市会は2月24日招集され3月27日まで開かれます。

京都市の24年度予算(案)は、全会計で1兆7000億円、借金総額は2兆1700億円(臨財債含む)と前年度から179億円も借金が増えます。

市民の皆さんからの市税収入は33億円減って2388億円です。これは市内の中小企業の経営と市民の暮らしが依然厳しい状況が続く見込みです。収入は、交付金や譲与税など合わせて総額は3721億円です。市民の暮らしが厳しい中でも自治体の役割発揮が求められます。

自公政権時代から地方自治体への交付金が5兆円も削減され、その付けを自治体に借金で賄わせてきました。さらに過去の大型公共事業で膨れ上がった膨大な借金のツケも含め市民に重くのしかかっています。

「圧勝でなかった」新市長は、財源確保と称して職員削減、社会保障費も含む消費的経費の削減を計画。民間福祉施設産休等代替職員補助や社会福祉協会助成の廃止、看護師確保のための予算を半減するなど、福祉、教育も切り捨てをいっそう進める予算を組みました。

市内高速道路3路線は「抜本的に見直し」をするそうです。事業見直しであれば直ぐにでも「中止」を宣言すればいいものを、1500万円の予算を計上しました。その代わりか。リニア中央新幹線を推進する計画で、新たな負担を負うようです。

市長選挙で寄せられた市民の声を実現させるため全力で取り組みます。議会も注目して下さい。

市会日程

●2月24日(金) 市会本会議

●3月1日(木)、2日(金) 市会本会議 各党代表質問

3月27日(火) 会期末

(更新日:2012年02月18日)

京北井戸で河川改修工事が始まりました

□このたび京北井戸を流れる河川の改修工事が始まりました(右の写真、2012年2月14日)。
この河川は、ここ10年程度で川に中洲ができ川の流れが変わり堤防が浸食されています。

2010年7月の大雨時は、堤防沿いにある田畑近くまで増水し、集落の皆さんは大変心配しました。2010年11月河川管理者の京都府土木事務所と西村市議かみね府議も参加して、井戸町内関係者の案内で現地を調査しました(左の写真2010年11月)。集落のみなさんから「すぐそばにある精米所が危険」「堤防を補強して欲しい」「出来るだけ急いでほしい」など意見が上がっていました。

2010年に調査した京都府土木事務所河川砂防室担当者は、「水位が一定程度に上昇すれば災害復旧対応ができる。平時は川底の土砂を取り除いて河川の流れを変える方法が考えられる」と話していました。

3月中頃まで川底土砂を取り除くなどの工事が行われます。

(更新日:2012年02月14日)

活動ニュース142(2月12日号)号をアップしました。

活動ニュース142号はこちら。「続きを読む」をクリックしてからご覧下さい。→http://nishimura-yoshimi.jp/wp-content/uploads/2012/02/baf481c38c3f1e084ade09feed009f651.pdf

(更新日:2012年02月07日)

投票日翌日は市会経済総務委員会が開かれました

市長陣営は、自民・民主・公明と財界が「相乗り」で「連合艦隊」を組んでたたかいました。が、市民派の大健闘の前に「圧勝」とは言えない結果に。投票率も低くとても「四年間の実績が信任された」とは言えない結果です。

新しく選挙に立ちあがった青年たちにたくさんお会いしました。無関心ではないんですね。

選挙が終わって一息とはいきません。投票日翌日は、市会経済総務委員会がさっそく開会さ重要な問題が質疑されました。

写真のとおり京都市中央卸売市場第二市場の視察に行きました。午後からは関西広域連合への京都市の参加などについて質議がありました。関西広域連合への加盟問題は、制度を変えることばかりで、市民の暮らしをどう応援していくのか全く見えてきません。2月市会で大きな議論がされそうです。

来週は京都市の予算が内示され2月市会の議案説明があります。重要な議会が開かれます。引き続き市政刷新と市民の暮らしまもる取り組みに全力を挙げます。

(更新日:2012年02月07日)

Page 1 of 11