活動日誌・お知らせ

TPP問題で今日も農業関係者を訪問しました

京都は都会と言っても、山手に入ると昔からの農業集落がひろがります。
(写真は今年夏に撮影したカカシまつりの風景です)
「TPPは反対やで」。
私たち共産党市議がいきなり訪問しても、躊躇することなく答えてくれました。
「小松菜を作っているよ」と、夕方あたりは薄暗くなっても作業をしていました。
TPP参加で農業に対する影響やJAの動き、私たちの考えを示した資料、萬歳会長のメッセージ(コピー)などを手渡しました。
「後で見とくよ」。
別の地域のJA支店にも資料を手渡しました。
「全国的には反対ですね」と話してくれました。

(更新日:2012年11月29日)

農業関係者が、「TPPは認められない」

本日夕方、吉田幸一衆院予定候補(京都府第4区)の事務所開きが右京区西院下花田町事務所前で行われ、大勢の皆さんが参加しました(写真)。

さて。今日は農業・林業関係者のみなさんを訪問しました。
大変心配しています。
「TPPは農業を破壊しますし、食料の安全を脅かす」「日本共産党はどう考えるのか」と言われました。
「自分は保守。TPPは反対している。だから今度の選挙で頼まれてるポスターは貼らない」とも話していました。
TPPは、京都の米も野菜類も打撃をうけ、集落の崩壊を招き、国土が荒れると話しました。
私また、「主張は全部一致しなくても、TPP阻止の一点で「協力できるのでは、ぜひ頑張りましょう」とお話させていただきました。
初めてご挨拶をさせて頂いた人たちばかりですが、農業・林業を守ろうの点で話が弾みました。コーヒー2杯も頂きどうもありがとうございました。

(更新日:2012年11月27日)

高雄で議会報告会が開かれました。

本日夜、高雄で議会報告懇談会が開かれ住民25人が参加しました。
報告は、西村市議、島田府議、吉田幸一衆院4区予定候補です。
私は、市議活動を紹介するDVDをご覧いただきその後、市政報告をしました。
市政報告は、国政との係わりの視点で市政報告をしました。例えば消費税増税で市民や中小企業に大きく悪影響する問題や高すぎる国保、社会保障の後退などについてお話をしました。
吉田幸一氏は、日本共産党が提案するビジョンを分かりやすく話しました。
会場からは「TPPとはどういうものか」など意見があり、吉田氏、島田府議らが分かりやすく話しました。

(更新日:2012年11月24日)

活動ニュース162号

活動ニュース162号

(更新日:2012年11月24日)

TPP参加反対府民集会

午後からTPP参加反対府民集会とデモがありました。
会場の大谷ホールは参加者の熱気につつまれ、TPP反対の大きな取り組みとなりました。
集会には府下各地から参加。舞鶴からは農業委員会関係者、遠くは兵庫県から医療関係者も参加しました。
農業、医療、建設、自治体など各分野から参加し、次々と参加反対と決意を表明しました。
集会後参加者は、会場から烏丸通を北へ御池通まで、トラクターを先頭にデモ行進をし市民にTPP反対のアピールをしました。

(更新日:2012年11月23日)

市民要求実現総行動

 「いのちと暮らし、雇用と営業を守れ」と22日、京都市・府に対する「市・府民総行動」が同実行委員会の主催で早朝から京都市役所を中心に取り組まれました。
 日本共産党市会議員団も総行動参加者を激励しました。
私も、市役所南側で座り込み行動をした京建、労の組合員を激励ました(写真)。
同組合では、不況で仕事も減り暮らしが大変と京都市・府に対して仕事起こし対策を強めるよう求めました。

(更新日:2012年11月22日)

議会報告と地域訪問

土・日は地域訪問や議会報告など有権者の皆さんと意見交換をしました。
議会報告会は私の地元の梅津で開き、吉田幸一衆議員予定候補も参加し訴えました。
この議会報告会には、朝日新聞記者も飛び入り取材。写真を撮ったり取材メモをとったりで、会場は少し緊張しながら話を聞いていました。
吉田氏は、「消費税増税や原発再稼働問題は、財界言いなりが問題の根底にある。TPPは国のカタチを変える大問題だが、ここにはアメリカ言いなりの政治がある。この大元を変える日本共産党を大きくして下さい」と訴えました。
私は、市会定例会を振り返りながら、地方政治と国政の問題についてお話をしました。その後、懇談をして政治の問題や市政等の・課題政策などお話をしました。

この日は西院中学校で毎年恒例のみやこ福祉ふれあいまつりが開催され、来賓として参加し会場で紹介を受けました。
この日はバザーも開かれ大勢の参加者でにぎわっていました。
障害者施設で製造された美味しいパンや大好きなアイスクリームを買いながら、お店の皆さんと交流を深めました。

(更新日:2012年11月18日)

解散総選挙「近し」

今朝は右京区梅津段町交差点で後援会の人たちと朝宣伝をし、通勤の皆さんに訴えました(写真)。信号待ちで聞いてくれる人、挨拶をする人、クラクションで合図をする人といつもより多くの人から激励がありました。

今日の志位委員長の予算委員会質疑は雇用問題を取り上げていましたが、他党を圧倒していました。いま雇用問題は、電機産業を中心に大規模リストラがすすめられていて、大きな社会問題でもあります。「毒味役」を買って出て、酷い首切りをすすめる大企業に国も手を出そうとしていません。そこを鋭く取り上げていました。
こういう質問ができるのは、もう日本共産党だけではないかと思います。

首相は「法と制度にのっとり適正に対応される」と他人事の答弁に終始していましたが、政治の役割を果たそうとしていません。
総選挙で「大企業のリストラ自由化」のやり方をやめさせよう。

(更新日:2012年11月13日)

「即原発ゼロ提言」の講演会。笠井亮衆議員の話を聞いて

日本共産党は11月10日、KBSホールで「即時原発ゼロ提言」についての講演会を開き、笠井亮・衆議院議員が、日本共産党が発表した「即時原発ゼロ提言」について詳しく報告しました。
日本共産党はこの提言の他に、「消費税増税に頼らないビジョン」「アメリカいいなりから安保なくし対等な日米関係ビジョン」「歴史的事実と道理に立って外交交渉で解決する領土問題ビジョン」を発表しています。
日本改革のビジョンをしめし、国民と共に行動します。

(更新日:2012年11月11日)

活動ニュース161号

活動ニュース161号

(更新日:2012年11月09日)

Page 1 of 212