活動日誌・お知らせ

屋外広告物条例の実施で、強引な対応に不満

2007年、新景観政策にともない、屋外広告物条例の改正。しかし6年経った現在でも、市内に約4万件ある屋外広告物のうち、条例に基づく許可申請はわずか5,000件、12.5%にとどまっています。
 この問題で京都市は、2014年8月に経過措置期間を終えるので、市内全域でローラー作戦を行うなど、指導の強化を図っています。
しかし、市民から、「看板が許可制という話は初めて聞いた」「商売が大変な時に、看板を目立たなくしたら、お客さんが来なくなる」「看板を付け替える費用を捻出できる状況にない」「許可申請の手数料すら大きな負担」といった声が次々と寄せられています。
 市側の条例周知が不十分で知らなかったり、不況の中で看板を付け替える費用を準備できない業者などが多数残されています。
こうした事業者に対して、丁寧な対応が必要となっています。
 日本共産党京都市会議員団は、市長に対し、以下の3点を求めました。
1. 経過措置期間である「2014年8月末先にありき」ではなく、屋外広告物条例の趣旨を市民と中小零細業者に丁寧に説明し、親身に相談にのりながら合意形成に努めること。
2. 基準に合致する広告物・看板への付け替えについて、助成制度を創設すること。
3. 許可申請の手数料の負担軽減を図ること。

(更新日:2013年06月27日)

建設産業と行政施策についての学習会に参加

6月22日、市内で開かれた「地域建設産業の持続的発展と、緊急経済対策を考える学習会」に参加しました。主催は京都府生活関連公共事業推進連絡会議。
建設政策研究所の辻村定次副理事長が報告をしました。
同氏は、東日本大震災の復興事業で顕在化した建設産業をとりまく課題と、それを克服する施策について提言をしました。
市内建設事業者でも、若年者低下と労働環境の悪化が続いています。公共事業について地元発注をひろげ地域経済の対策をとる動きは確かにありますが、下請事業者の経営や働くみなさんの賃金が上向くしくみが十分ではありません。この部分が改善する必要があります。
公共事業現場を見学したときにも、「保険加入まで点検していない」と言われたところもありました。
同氏は、建設技能労働者の賃金等の抜本的改善のための提言を話しました。

(更新日:2013年06月23日)

倉林明子さんと阪急西院駅頭で訴え

今朝は、阪急西院駅前で倉林明子さんと訴えました。
ご近所の皆さん、朝からお騒がせしました。小雨降る時間でしたが倉林さんは元気に「暮らし破壊の消費税を中止させましょう」と訴えました。

(更新日:2013年06月21日)

活動ニュース176号

活動ニュース176号

(更新日:2013年06月20日)

防災訓練に参加

6月16日、梅津地域の防災訓練に参加しました。
炎天下でしたが、280名の住民が参加し、地震模擬体験や応急手当訓練、避難訓練など行いました。

場所は、災害時に避難所として開設されている指定箇所です。
この日は各町内防災係りのみなさんが中心にご高齢者から赤ちゃんを抱いた女性なども参加しました。

みなさん大変ご苦労様でした。

(更新日:2013年06月17日)

活動ニュース175号

活動ニュース175号

(更新日:2013年06月17日)

災害対策急げ

今年はカラ梅雨で、農作物の育成が気になります。
近年はカラ梅雨のときは夏や秋口に豪雨が発生して、作物被害とともに災害が心配されます。
特に最近の豪雨は、「ピンポイント豪雨」ともいわれ、昨年右京区の各地で被害が発生しました。
写真のように、住宅内まで土砂が流入し豪雨被害にあったお宅があります。、
実は、このカ所に復旧工事が取られることとなりそうです。
場所は右京区鳴滝。
昨年7月の豪雨による土砂流入で、庭先の水路が埋まってしまいました。
「大変です」と改善を求める要望が私に寄せられ、直ちに対策を市に求め取り組んできました。
そして先日、「市から対応したいと、連絡があった」とお話が届きました。

(更新日:2013年06月10日)

JR太秦駅にエレベータ設置は平成26年度

本日、JR京都支社を嵯峨野の住民と訪問し、「JR太秦駅に早期にエレベータ設置を」求めました。
そこで同社担当者から「太秦駅のエレベータは平成26年度に完成し利用したい」との話がありました。
完成時期を明らかにしたのは今回初がめて。

同駅のバリアフリー化について京都市は、市議会答弁では「最優先で取り組みたい」としています。しかし、完成時期は明らかにしていませんでした。

太秦駅は、京都市の「太秦バリアフリー化構想」のもと平成32年度までに完成計画があります。

しかし、今年3月に同駅を利用した高齢女性が階段で転倒し怪我を負ったことで、嵯峨野の住民がこの日「早期にエレベータ設置を求める」申し入れをしたものです。

この日の交渉に参加した障害者は「早期設置のめどが出来てうれしい」と話していました。

(更新日:2013年06月04日)

お手紙を頂きました。「JR太秦駅の階段から転倒して怪我人が出たバリアフリー化を急げ」と

最近、嵯峨野の方からお手紙を頂きました。
今年3月に高齢女性が、「JR太秦駅の階段から落ちて怪我をした」との内容です。写真は同駅のホームから階段を撮影したもの(撮影日2010年12月)。

同駅について京都市は、「バリアフリー化構想」を策定しています。同計画に基づき今後7年間かけて駅にエレベータ設置等の工事をし周辺地域もバリアフリー化を進める計画です。

しかし、太秦駅に「エレベータを設置する時期が何時になるのか」、計画は明確になっていません。
京都市は議会の答弁で、駅のバリアフリー化は「最優先で取り組みたい」としています。
一方で京都市は、「観光シーズン中の工事は乗降客が大変多く、危険なので観光シーズンを避けたい」との考えもあり、工事が伸びる可能性もあります。
住民らは「7年も待てない。早期の工事完成を求める」と声をあげています。

今回、JR太秦駅で怪我人が出たことで、嵯峨野地域の住民らは、市やJRに「エレベータ早期完成」の要請行動をする計画です。

(更新日:2013年06月01日)

Page 1 of 11