活動日誌・お知らせ

議員活動ニュース214号

議員活動ニュース214号

(更新日:2014年11月26日)

右京区で災害シンポジュウムが開催されました

11月22日JR嵯峨嵐山駅近くのコミュニティ嵯峨野を会場に「災害問題を考えるシンポジュウム」が日本共産党西地区委員会の主催で開かれ、55名が参加して熱心な議論が行われました。

このシンポは、昨年9月の台風18号災害と今年8月の台風・豪雨災害について、災害を経験した住民とともに現状と課題などについて考えようと、取り組まれたものです。パネリストとして国土問題研究会の中川学氏とかみね史朗府議が報告し参加者から意見を出していただきました。

自治会役員である京北山国の参加者から、災害当日の自治会防災会・消防団の苦労と住民らの不安な状況が報告され、防災マップの重要性とともに、今後の防災対策が要望されました。
梅津の自治会関係者からは、桂川の水害対策や有栖川と周辺地域の排水機能の強化を求める要望が出されました。また、高雄の自治会関係者からは、住民組織の日ごろの災害対策の取り組みが報告されました。また、避難所への避難路が危険な状況であることなどが報告されました。さらに、参加者から、嵐山の観光地の災害対策について、観光と防災などの点から意見も出されました。

私は、京都市のこれまでの災害対策と今日的課題について発言しました。特に、河川管理・改修が遅れていていることで田畑の被害が繰り返されていること。山林の手入れが行き届かずに、土砂災害が拡大している現状と対策について話しました。

参加者の熱心な発言が続きました。今後の災害対策に生かしていきます。

(更新日:2014年11月23日)

宇多野地域で、危険個所の調査

安全な街をめざして地域ウオッチング。11月22日、宇多野で地域のみなさんと道路などの危険個所の調査をしました(写真)。この日は福王子の交差点から出発し、主に福王子町や本町の国道の歩道を、高齢者みなさんと歩いて調査しました。歩道のコンクリートが欠けてつまづく箇所や側溝のすき間が危険な場所などが多数あることが分かりました。

参加した方から、「斜めになっていると転びそう」「車いすも通れない歩道がある」「狭くて離合できない」など意見がありました。

参加したみなさんは後日、京都市などに改善を求める予定です。

(更新日:2014年11月22日)

右京区保育園長会・保育士会との懇談会

11月20日、右京区選出市会議員と右京区保育園長会・保育士会との懇談会が開かれ出席しました。右京区は8名の市議がいますがこの日は5名が出席し参加者と保育関係の意見交換をしました。

はじめに保育園長会から、来年度の予算要望について説明があり、さらに、保育士会からは寸劇形式で、保育士の立場からの要望がありました。私は、障害児保育について、市議団として議会で取り上げてきた内容と京都市の取り組み状況や議会での答弁など説明しました。また、保育園耐震化について議会での市の答弁を紹介しながら、耐震化を優先的に進めるよう取り組んでいくことも話しました。

来年度から子ども子育て新制度が始まるもとで、保育水準を後退させないように議会で取り組んでいることなど話しました。

今年の夏に右京区の保育園を訪問させていただき、保育現場の様子など見学することが出来たことや、教育福祉委員会の副委員長として保育問題に取り組んでいることなど話をさせていただきました。

沢山のご意見をお聞きしました。今後の議会活動に生かしていく決意を新たにしました。

(更新日:2014年11月21日)

秋の忙しい一日

午前は、京北周山と山国の京都市水道局浄水場建設・給水式典に出席しました。京北地域の浄水場整備は合併基本計画にあり弓削、黒田につづき建設されたものです。最新鋭の浄水施設のもと安全な水道水が供給されます。

午後は上京区元春日小学校で白杖安全デーが障害者団体のもと催され、来賓出席をしお祝いをしました。今年で48回目です。私も議員となってからほぼ毎年参加しています。

夜は、右京区嵯峨野学区自治会連合会の創立50周年記念式典がホテルオークラで開かれ参加しました。自治会を長年支えてきた皆さんと懇談し、ご苦労話などお聞き交流を深めました。

(更新日:2014年11月16日)

学校給食の改善を申し入れ

本日、日本共産党市議団は京都市長に対して学校給食の改善を申し入れ、私も同席しました。

以下、申し入れ文です。

 この度、京都市は料理専門家や学識経験者、市民等からなる「学校給食における『和食』の検討会議」を開催し、学校給食において、「和食」文化を伝えるための方向性と取組(案)を発表しました。
 その中では、旬の野菜や京野菜などの伝統野菜の献立の工夫や、給食時間確保など、子ども達の発達と成長を保障する方向性が提案されています。また、食器についてはアルマイト食器から、和食文化の豊かさを支える要素の一つとして、味わいを感じることができる食器への更新の推進が提案されています。 
 教育福祉委員会の審議では、教育委員会から、アルマイト食器からペン食器などへの更新を年次計画を立て取り組む方針や、京都の伝統の和食器である漆器等も、各学校に配置する方向性が示されました。
 日本共産党市会議員団としても、食器の改善や清水焼食器等の活用を求めてきました。学校給食の食器や食材の改善は、長年の子ども達や保護者の願いであり、その実現に向けて以下要望します。

1 アルマイト食器から、ペン食器などへの更新は、早期に全校更新ができるよう計画すること。

2 各校・ランチルームにおいて、伝統地場の漆器や清水焼食器等の導入については、産業観光局や地場産業の業界とも連携し、具体化に向けて、積極的に進めること。

3 中学校においても、学校給食は食育の機会と子どもの成長・発達を保障するものとして、中学校の全員給食も視野に入れた在り方を検討すること。

4 地産地消を広げ、安全な学校給食を実施するために、食材の一括購入のあり方を検討すること。                                           
以上

(更新日:2014年11月14日)

総選挙か にわかに吹き出した解散風


今日は午後から御室で、地域のみなさんと街頭宣伝をしました。

2日前から、にわかに衆議院の解散が報道され始めました。突然の事態です。ただ、安倍内閣は綱渡りの政権運営が続いています。
第二次安倍内閣は発足早々から女性閣僚の「政治とカネ」の問題が続き、政治不信が加速しています。
さらに、消費税増税が国民の暮らしと経済に大きく影響して、悪化の一途です。外交も中国・韓国などアジア諸外国からも人気はいまひとつ。それどころか、靖国問題などで外交が大きく停滞したままです。ここで、解散してカケに出たか。

消費税増税、憲法無視の集団的自衛権、原発再稼働、沖縄基地問題など、国民との軋轢は大きくなる一方です。
総選挙となれば、国民から大きな厳しい審判を受けることになるでしょう。

(更新日:2014年11月12日)

活動ニュー213号

活動ニュース213号決算議会/西部土木、右京警察へ要望/梅津iの街歩き/映画村横・道路開通

(更新日:2014年11月12日)

i(アイ) の梅津まち歩き

梅津自治連合会と北梅津自治連合会が開催している「ⅰ(アイ)の梅津まち歩き」が開かれ来賓参加しました。梅津の名を冠した二つの自治連が交流して地域の安心安全なまちづくりを目指す企画で毎年開かれています。今年は雨で企画の一部は中止でした。

雨が降らなければ学区民の500名以上が参加する地域の大きな取り組みです。今日は雨のため200名が参加しました。自治連会長の挨拶につづき、右京区長、右京消防署らが挨拶。私は来賓紹介を受けました。

お天気であれば今年は、子ども110番の家を確認しながらスタンプラリーをするなどの企画がされていました。地域の絆を深めています。

(更新日:2014年11月09日)

活動ニュース212号 みんなの京北

活動ニュース212号みんなの京北決算議会/京北学校統廃合/災害対策/弓削会館議会報告会/山国さきがけ祭り

(更新日:2014年11月07日)

Page 1 of 212