活動日誌・お知らせ

老老介護問題

昨日の帰宅は夜10時過ぎ。留守電にメッセージが残されていた。

「相談したいことがありますので至急連絡下さい」の記録は午後3時頃のものでした。

(夜遅く電話しても迷惑か?)

と思いながら電話したが、やっぱりでない。

朝8時前に電話すると、「主人が認知症で世話が大変です」との話し。

会って話しを聞くと「玄関ドアを開けて徘徊し、追いかけても行ってしまい、お巡りさんと二人がかりだ」と訴える。奥さんには笑顔もない。

今日は土曜日だが、施設や病院に連絡し、夕方には奥さんと二人である施設に相談に行った。

すると施設の職員さんが丁寧に説明し、施設見学までさせてくれた。「受け入れはできます」とのこと。

奥さん、帰りの車のなかでは、ちょっと笑顔。

「老ろう介護」を、なんとか朗々介護出来るようにしていこう。

(更新日:2016年02月27日)

京都府有害鳥獣問題研究会に出席

京都府有害鳥獣問題研究会に参加しました。
本日の総会と講演には、京都府鳥獣自然保護部会長の村上興西さんの記念講演と京都府猟友会会長の奥田定雄さん、他研究者や地域で取り組むみなさんらが参加した企画となりました。
興味津々の内容でした。
村上さんは、捕獲とともに野生動物被害を減らす環境対策の重要性が話されました。
猟友会の奥田さんの話は、各地での取り組みを通じた体験と教訓について詳しく話がありました。捕獲現場の話は滅多に聞く機会がないもので貴重な内容でした。
参加したみなさんの大変熱心な議論にひかれた企画でした。

(更新日:2016年02月20日)

2013年9月の豪雨災害で落橋した、京北鳴滝橋が復旧しました

2013年9月の台風18号豪雨災害で流された、国道162号線・京北の鳴滝橋の復旧工事が進み、今年1月から通行が再開されました。完成式典は3月12日に開かれる予定です。

新しい鳴滝橋は、大きな洪水に耐えられる様に河川を補強し、橋もこれまでより幅員が1㍍程度広くなっています。

京都から日本海へ走る基幹道路として大変重要な橋で、大きな災害にも耐えうるように建設されました。

私も、2年前の災害から議会で、復旧対策など取り上げてきました。

(更新日:2016年02月16日)

活動ニュース242号

活動ニュース242号市長選挙、本田久美子さん大奮闘/くらし環境委員会質疑/熊田河川改修/梅津で通学路安全対策など

(更新日:2016年02月16日)

京都市立芸術大学作品展

京都市美術館を会場に2月10日から14日まで、京都市立芸術大学の作品展が開かれているので見学しました。
作品展は美術学部の学生と大学院の学生が出展しています。制作した学生も多数いて力作ぞろいで楽しい作品展でした。
一番興味を引いたのは、古代仏教美術の掛け軸などを模写した作品です。古紙が剝がれている個所まで再現していてまるで当時のままの状態を表現していて素晴らしいものです。
漆塗り、陶器などは、直ぐにでも販売できるような出来栄えでした。
日本画、油絵なども市立芸大生の水準が大変高いものだと理解しました。

(更新日:2016年02月12日)

Page 1 of 11