活動日誌・お知らせ

7月豪雨災害 復旧対策


7月5日から降り続けた豪雨による災害で右京区各地で被害が発生しています。
今日も、その対策を求めて京都市に要望しました。

写真の場所は、急斜面の裏山から土砂が家屋まで流出しているところです。
土砂は室内に入る寸でのところで止まっていますが、再度大雨が降れば室内に流入する可能性も大きい事態。

お住いの方は「対策を取るにも大変なお金がかかる、なんとか助けてほしい」と話しています。
長年住み続けて、初めてのことです。
担当者に強く要望しました。

(更新日:2018年07月31日)

京都市の有料ゴミ袋値下げ求めて市民が集い


右京区リノホテル会議室にて7月29日、京都市の有料ゴミ袋の値下げを求めて市民が集まり懇談しました。
京都市は「ゴミの減量化」などを理由に、指定ゴミ袋を有料化しています。
ところが、指定袋の売り上げで巨額の利益を上げ、その財源は一部関係ない事業につぎ込まれています。
市民は「ゴミ 袋代が高すぎるので引き下げは可能だ」「値下げしてもゴミ減量に影響しない」と、値下げを求めています。

この日は、市内各地から値下げを求めて運動を進めている住民が参加し、交流しました。
また、新しく住民運動を進める地域からも参加があり、今後「いっしょに頑張りたい」と決意を表明していました。

(更新日:2018年07月30日)

市会 産業交通水道委員会で災害にかかわる農林被害を質疑

京都市会産業交通水道委員会が7月27日(金)開かれ、先日発生した7月豪雨災害における農林被害について質疑をしました。
市内の農業施設、水路、河川、田畑等に被害が発生しています。
西日本を中心に大変大きな被害が発生したもとで、国は「激甚災害」に指定予定と公表しています。

委員会質疑では、京都市の被害も対象となることから「全ての被害について激甚災害の対しようとして支援を強めること」を求めました。
また、農産物が7月生育期であることが、緊急復旧の必要な被害個所を地元と連携して対応を急ぐこと。

さらに、今後は台風シーズンを迎えることから、災害復旧とともに、防災対策を強めて、農林被害の防止にも取組むことを求めました。

京北の鮎・あまごの遊漁業がシーズンであることから、豪雨で砂防ダムが決壊したことによる影響についても取り上げました。

(更新日:2018年07月28日)

年金者組合右京支部 定期総会で来賓あいさつ


年金者組合右京支部の定期総会が開かれたので、来賓出席し挨拶をさせて頂きました。

15回目の定期総会は猛暑にかかわらず会場満席となり活発な総会となりました。

なお、京都市内は38度越えが一週間以上続き、酷暑が観測史上最高となっています。
約560人が救急搬送され、その半数が65歳以上。この酷暑は災害といっても過言ではありません。
市民への天候情報、対処法、避難等の行政の万全の体制が必要となっています。

年金者組合の皆さんの総会の成功と運動の連帯を訴えました。

(更新日:2018年07月22日)

京都府歯科保険医協会の公開講座参加 木村草太 首都大学教授の憲法講義


京都府歯科保険医協会の定期総会で「公開講座」が開かれたので参加しました。
講師は、首都大学教授 木村草太先生です。大変分かり易く面白かったです。

講義の内容は、自民党の改憲内容を中心にした「改憲提案から考える憲法の意義」です。

争点となっている「緊急事態条項」や「参議院合区問題」「教育の無償化問題」などを中心としたお話でした。
教授は自民党の改憲案に肯定的と言うよりむしろ批判的で、私的には合点がいく箇所が随所に出てきて面白かった。

教授の著書を読んで見たいと思います。

(更新日:2018年07月21日)

活動ニュース294号

活動ニュース294号

(更新日:2018年07月21日)

7月大雨災害 党市議団が京都市へ申し入れ


京都市 門川大作  様

日本共産党京都市議団

平成30年7月豪雨により、京都を含めて各地に甚大な被害が広がりました。亡くなられた方に心よりお悔やみを申し上げるとともに、被災されたみなさまにお見舞いを申し上げます。
 本市においても、住宅一部破損7棟・床上浸水5軒など建物被害が32件、道路被害による路肩崩壊など通行規制8件、農林水産等被害170件などの被害が発生し、避難所の開設は全行政区・最大避難者数2306人(7月18日14時現在)におよぶなど、大きな影響が出ました。
 日本共産党市会議員団は豪雨に際し、議員が各被災現場を調査するとともに避難所を訪問するなど、各行政区の状況を把握に努めてきました。また、13日には議員団として集中的に、伏見区小栗栖、左京区八瀬、右京区京北等の現地調査に入り、現地の方や被災された方のお話を直接にうかがいました。
 党議員団は、調査をふまえ、以下の点を緊急に要望し、市長・市当局に対応を求めるものです。

   記

一、被害の実態をつかみ、被災者の救援・支援に全力をあげること。
一、京都市被災者住宅再建支援制度を被災者に個別に周知し、相談にのること。
一、道路のすみやかな復旧を図り、砂防堰堤の復旧などは京都府と協力して対応すること。
一、農林水産業、商工業、観光業などの被害の全容把握を行い、支援を具体化すること。
一、二次災害を防ぐため、土砂崩れ危険個所、堤防・護岸、道路の緊急点検と応急対策を行うこと。
一、避難所開設・運営について自主防災会や学校に全面的な聞き取り調査を実施し、検証の上、教訓を明らかにして住民の避難対策について以下の点にとりくむこと。
 ・避難所運営機材の充実や行政的支援の抜本的改善を図ること。
 ・備蓄計画を充実すること。
 ・避難所開設、運営にかかる地元負担を軽減すること。
 ・エアコン設置など暑さ・寒さ対策、トイレの洋式化、テレビ設置、簡易ベッドの配備など、指定避難所の抜本
  改善をはかること。
 ・土砂災害・水害時の要配慮者の避難所確保等、避難のあり方を検討すること。
 ・「土砂災害警戒区域内」、「立退き避難が必要な区域」内にある指定避難所については場所を別に確保す
  るなど、安全確保について検討すること。
一、緊急性に鑑み、必要な財政出動を行うこと。
              以上

(更新日:2018年07月19日)

新しい議員活動ニュース(カラー版)が出来ました


西村善美・市会議員の活動を広くお知らせしようと、「議員活動ニュース」(カラー版)が出来上がりました。
右京区限定版です。

内容は、議会で西村議員が取り上げてきた重要政策や地域のトピックスなどです。
ご覧いただければ、一読で議員の特色がご理解できるように編集しました。

是非、お読みください。

(更新日:2018年07月18日)

大雨被害について、京都府土木事務所と京北山間土木事務所に要望しました

7月5日から降り続いた大雨の影響で被害が発生した箇所の復旧対策について7月17日、京都府土木事務所と京北山間土木事務所に対して要望しました。

復旧を求めた個所は、灰屋川砂防ダム早期復旧、灰屋公民館被害対策、六ケ畔土砂流入復旧、中江地区水路土砂流入対策などです。

いずれも、地域の漁業や農業などに影響する課題となっています。早期に対応を求めました。

(更新日:2018年07月18日)

大雨災害の調査

7月5日から7日にかけて降り続いた大雨は、右京区の各地に被害を及ぼしました。
14日も京北地域を地元の方と調査に行きました。

特に、灰屋地区の砂防ダムの決壊箇所や山国の河川を埋めた土砂の状況など見ました。
鮎の生育にも大変悪影響を及ぼします。

また、田圃の水路にも土砂が流出している個所が多くありました。これは、今後の田畑の水確保に影響するもの。

いずれも、京都市や京都府へ改善を求めていきます。

(更新日:2018年07月14日)

Page 1 of 212