活動日誌・お知らせ

「手ぶらで京都観光」と「観光コンシェルジュ」


ロボット君がジッと見つめます。「クロスタ京都」にて。
金曜日の産業交通水道委員会は、京都駅に出向いて実地視察でした。
テーマは、手ぶらで京都観光と観光案内です。
京都市では、京都駅に到着された観光客の方が手ぶらで歩いて観光を楽しめる「手ぶら観光」を推進しています。
そのために、京都駅での手荷物配送サービスをしていて、宿泊施設まで荷物や買物品をお運などする、「crosta京都」という名の施設を運営しています。
また、京都駅で外国観光客へ外国語案内所が設営されいるので、視察をしました。
コンシェルジュの皆さんの熱心さに関心しました。

(更新日:2018年11月10日)

「安倍官邸農政を斬る」と題して 農業と農政の学習会


講演は、九州大学の磯田宏教授。
「メガFTA/EPA局面への本格突入と農協改革」という副テーマでのお話。多岐の内容を一気に話した。
自国向けの農業から世界的な農業へリストラクチャーと、安倍農政の方向だが、その担い手は誰が負うのだろうか。
京都市会で議論しても、市内農家が輸出産業の主要な担い手となるのか疑問。
市内農家は、地域内の消費者向けに安全な農作物を供給することが中心であって、外国向けに生産力向上などしてないのだ。
地域の自給率を高めること。地産池消が市内農業の中心だ。
世界的農業の担い手とは、果たしてだれのことなのだろうか。

(更新日:2018年11月10日)

有害鳥獣問題研究会総会  「森林経営管理法」学習講演会


私も会員である、京都府有害鳥獣問題研究会の総会に参加しました。
今年は、5月に可決された「森林経営管理法」について、愛媛大学名誉教授・泉英二氏を講師に学習会をしました。
泉氏は、森林学、森林・林業政策が専門です。農水省の専門家会議の委員も務めました。
泉氏は、同法が実施(来年4月)されると、森林所有者の経営管理権が取り上げられて、市町村に管理が押し付けられ、良好な森林が大手企業の儲けの道具にされる。
森林経営管理法で、伝統的な日本の森林と林業はいっそう困難になる、と指摘していました。

今日の学習会には、林家や自治体の関係者が大勢参加し意見交換をしました。

今後の議会活動に生かして行きたいと思います。

(更新日:2018年11月06日)

葛野学区の避難訓練に参加しました

今日は、葛野学区の避難訓練に参加しました。
大勢の皆さんが参加し、バケツリレー消火、煙避難、救護訓練などに、真剣に取り組んでいました。
今年は災害が多く発生しています。このような訓練が大切となっています。私も参考にさせて頂きました。

(更新日:2018年11月04日)

京北ふるさとまつり 来賓参加

京北ふるさとまつりが、ウッディ―京北(道の駅)を会場にひらかれ、来賓参加しました。
今日は晴天に恵まれ、大勢の参加者でにぎわいました。
会場の舞台では、歌や踊り、芝居などが催され、また、沢山の出店が並びました。
会場を回れば、京北の野菜・食べ物・地酒など特産物も楽しめる様になっています。
会場を見学しながら、大勢の皆さんと交流を深めました。

(更新日:2018年11月03日)

Page 1 of 11