活動日誌・お知らせ

各地で市政報告会

各地で市政報告会を開催しています。ご参加ください。

11月19日(土)午後7時30分~ 高雄 平岡僧堂

11月23日(水)午後1時~ 葛野 浜の本集会所

11月24日(午後)7時30分~ 梅津 西村事務所

11月26日(土)午後2時~ 嵯峨野 菱崎宅

11月27日(日)午後1時30分~ 宇多野 藤井宅 

(更新日:2011年11月22日)

各地で市政報告会を開いています。ご参加ください。

決算議会が終わり、11月定例市会が始まります。11月18日(金)から議案説明が局ごとに行われています。議会は12月12日まで開かれ、補正予算や条例提案がされ審議がされます。

各地で市政報告会を開いています。

11月19日(土)午後7時30分~ 高雄 平岡僧堂

11月23日(水)午後1時~ 葛野 浜の本集会所

11月24日(午後)7時30分~梅津 西村事務所

11月26日(土)午後2時~嵯峨野 菱崎宅

11月27日(日)午後1時30分~宇多野 藤井宅 

お近くの会場へご参加ください。

(更新日:2011年11月19日)

指定都市行財政問題懇談会に参加

11月14日、参議院議員会館にて指定都市行財政問題懇談会が行われ、指定都市の議員と市の財政関係の担当者が出席し会派別要望をしました。19の指定都市の中で財政関係の市議会常任委員会委員長を担当しているのは京都市だけなので、私が司会進行を務めました。会派別懇談会は日本共産党への要望です。

指定都市会作成の「大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望」冊子にもとづいて、京都市行財政局の担当者から説明を受け指定都市の各議員から要望が出されました。

仙台市の議員から、大震災への支援へ感謝の言葉があり「震災復興のための財政支援を求める」要望が出されました。各都市から共通した意見は、自治体の財源不足を改善するために交付税の増額を求める意見が出されました。また、臨時財政対策債の課題や国民健康保険制度への国の補助を大幅に増額することを求める意見などが出されました。

出席した日本共産党国会議員から、「地方交付税の引き上げはやっていくべき」、「震災復興の財源について国が「市債でやってくれ」というのは認められない、当然国が持つべきだ」と発言がありました。また出された要望については、国に求めていくと答えました。また戸別要望についても、検討し実現に取り組みたいので、引き続き議員と共同を強めていきたいと話していました。

懇談会は定刻の時間すぎまで行われ、都市共通の課題とともに個別課題についても要望が出されました。

(更新日:2011年11月15日)

活動ニュース137号(11月13日号)アップしています

写真は11月8日、烏丸御池下るで「TPP反対緊急宣伝」をしました。中央で手を挙げているのが私です。

議会活動ニュース137号(11月13日付)が出来ました。画面メニューバーから「活動報告ビラ」をクリックて下さい。

(更新日:2011年11月09日)

TPP反対緊急集会

TPP反対緊急集会に参加しました。

主催は京都総評。各団体が参加し決意表明をしました。

京都歯科医師会の方は、「親(野田首相)が家族(日本)の意見を無視して、アメリカと勝手に話し合って家族の大事なことを決めしてしまうのは無謀」と痛烈に批判していました。

私は、京都農民連の皆さんの団体に紛れ込んで集会参加しました。写真。ゼッケンも農民連のみなさんのものですが、つけさせて頂きました。

デモ行進は、京都市役所から円山公園までを歩きました。「TPPf反対」「食料守れ」「医療まもれ」と河原町通り、祇園界隈にシュプレヒコールが響きました。

(更新日:2011年11月06日)

議会報告ニュース新しく更新しています

議会活動報告ニュースは2週間に一度発行しています。今回は京北版「みんなの京北」をアップロードしています。ご覧下さい。画面上のメニューバーの「議会報告ビラ」をクリックして下さい。

写真は5日に開催された京都市農林まつりです。

(更新日:2011年11月05日)

妙心寺北にカーブミラーが設置されました

カーブミラーが設置された場所は、御室学区、妙心寺北門からすこし東に行ったところです。路地の奥から一条通りに出る場合、左右が見ずらく「危ないので対策をしてほしい」と近所の方から要望がありました。ミラーが設置され、直ぐに要望者から電話があり「見やすくなって安全になった」と話されていました。

(更新日:2011年10月30日)

決算議会で市長総括質疑をしました

写真は東山区で試験走行された、コミュニティーバスです。路地裏まで生活圏を細かくバスが走行しました。

市長総括質疑をしました。質疑の内容をご覧ください。質疑の動画は、下記アドレスをクリック。⇒平成23年10月21日⇒市会市長総括議員一覧⇒西村善美をクリックして下さい。20分間の質疑がご覧いただけます。http://113.42.218.61/KyotoCityCong/rokuga32.asp

(更新日:2011年10月27日)

決算議会は、委員会質疑と市長総括質疑が終わり、会派で議案検討へ。

市議会は、10月6日の書類審査を皮切りに決算委員会(第一、第二、第三分科会に別れて)で質疑。そして10月21日、市長総括質疑が終了しました。続いて10月28日まで、各会派で態度を決定します。10月31日会期末は本会議が開かれ決算を認否を決めます。

委員会質疑では私は、7日に選管事務局と行財政局、11日に行財政局、12日総合企画局、13日産業観光局、18日文化市民局、21日市長総括質疑にそれぞれ質疑に立ちました。

今度の議会でこれまで市民が求めて、共産党市議団も強く取り上げてきた要求が一歩前進しています。

◎京都に避難している大震災の被災者の願いに応え、「市営住宅の入居期間を2年に延長する。民間住宅についても協力をお願いする」と市長が答弁ています。

◎子どもの医療費助成制度について、「(通院も)小学校卒業まで対象を拡大する方向で府と検討している。できるだけ早く実施する」と市長・副市長が答弁しました。

◎公契約条例の制定について、「川崎市で施行され、札幌市や相模原市でも準備が進められている。これらの事例を検証しながら研究していきたい」と市長が答弁しました。

31日会期末まで全力でがんばります。

写真は栗尾峠バイパストンネル工事現場

(更新日:2011年10月21日)

決算委員会質疑。本日も行財政局質疑です。

写真は9日に開かれた山国さがけフェスタで披露された、山国軍楽隊の行進風景です。

10月7日の質疑は、選挙管理委員会事務局と行財政局質疑にエントリーしました。

○選管では、投票場所の統合で投票所が遠くなった問題や高齢化で投票が困難になっている地域の改善など求めました。

○行財政質疑では、公契約条例を京都市が制定して、市内の低賃金を底上げするよう求めました。公契約条例は、自治体が独自に制定することで、低賃金で働く皆さんの賃金や労働条件を改善させようとする条例です。

 しかし、京都市の答弁は、「最低賃金制度で対応すべき」と冷たい答弁に終始しました。最賃制度は国が一律に企業に賃金基準を設定するもので、財政的支援も必要です。日本共産党は最低賃金時給1000円以上を求めています。

 ただし公契約条例では、京都市が条例で働く人の賃金水準を設定でき、京都市の役割が発揮できる制度です。最低賃金法より条例で高く設定して、生活保護水準ぎりぎりの賃金の改善をするよう求めました。

10月11日も行財政局

○TPPの影響について質疑をしました。

 環太平洋経済連携協定の協議事項中には、「政府調達協定」(WTO)が含まれています。京都市の公共事業や物品調達も政府調達案件(WTO)が多数含まれていて、TPPへの参加で、要件緩和される可能性が出てきました。要件緩和されれば外国企業参入機会がいっそうひろがるものです。

 市の答弁は「影響はない」。「TPPとWTOは違う」、「影響はない」、というものでした。

 しかし、TPPの影響については、関税ゼロだけではなく、非関税障壁の撤廃もあがっていて、内外無差別の原則がいっそう広がる危険性があり、市内業者の参入が弱まるものです。質疑で「TPP参加を国にやめるよう求めるべき」と求めました。

(更新日:2011年10月11日)

Page 83 of 84« First...1020308081828384