京都市有料ゴミ袋 値下げ請願 市民団体が提出


本日、市民の皆さんが、京都市の有料ごみ袋代の値下げを求めて、請願書を京都市会事務局へ提出しました(写真)。
署名数は700筆となりました。
市民の皆さんは先日から、市会各会派へ請願への協力要請をし、その結果をもとに本日の提出となったものです。
請願署名の提出には紹介議員が必要ですが、日本共産党京都市議団から私を含めて6名の議員が協力しました。
請願書の理由では、売上代金が貯め込まれていること、ゴミ減量の財源だけではなく、ゴミ袋の売上財源が関係ない事業につぎ込まれていることなどを指摘。
袋代が高すぎるので、引き下げは可能だとして、値下げを求めています。
今後、本会議で委員会付託が行われ、市会くらし環境委員会で審査が行われる予定です。
請願書は後日、市会へ提出の予定です。是非もと値下げを実現したいものです。

(更新日:2016年09月26日)