7月豪雨災害 復旧対策


7月5日から降り続けた豪雨による災害で右京区各地で被害が発生しています。
今日も、その対策を求めて京都市に要望しました。

写真の場所は、急斜面の裏山から土砂が家屋まで流出しているところです。
土砂は室内に入る寸でのところで止まっていますが、再度大雨が降れば室内に流入する可能性も大きい事態。

お住いの方は「対策を取るにも大変なお金がかかる、なんとか助けてほしい」と話しています。
長年住み続けて、初めてのことです。
担当者に強く要望しました。

(更新日:2018年07月31日)